出展社特集
Medtec Japan 2018にご協賛頂いている一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ(代表:北島政樹)が、
わが国の医工連携を加速させるために今回Medtec Japan 2018内でご協力頂いている3つのイベントをご紹介します。

 <INDEX>
【1】 「製販ドリブン・交流ゾーン」を設置 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ[ブース204]
【2】 日本医工ものづくりコモンズシンポジウム in Medtec Japan 2018
【3】 Medtecイノベーション大賞 エントリー募集開始! 締め切り:今週金曜日
【4】 そのほか、医療機器・ヘルスケア産業参入のヒントとなるおすすめセミナーをご紹介!
    ※詳細(日程・講演者情報)はメールの下部をご確認くださいませ
 
►【イベント1】一般社団法人日本医工ものづくりコモンズが「製販ドリブン・交流ゾーン」を設置[ブース204]

一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ(代表:北島政樹)は、Medtec Japan 2018特別企画として「製販ドリブン・交流ゾーン」を企画。このゾーンでは、わが国の中でもトップレベルで医工連携に熱心な製販企業(医療機器メーカー)が出展します。
製販企業は、医療機器に関わる法規制と市場を熟知した有力プレイヤーです。
製販企業との連携を検討しておられる企業及び自治体の皆様は、ぜひこの機会をご活用ください。

[出展予定企業]
  アルケア株式会社
  株式会社カワニシホールディングス
  株式会社河野製作所
  株式会社常光
  第一医科株式会社
  株式会社フジタ医科器械
  株式会社プラトンジャパン

   
►【イベント2】日本医工ものづくりコモンズシンポジウム in Medtec Japan 2018

『ビジネス化の時代を迎えた医工連携で、今、知っておくべきこと』
医工連携は「ビジネス化の時代」を迎えました。このシンポジウムでは、臨床ニーズに基づく研究開発、ものづくり企業による医工連携の攻め方、中小企業による治験と承認、国や自治体のサポート体制の活用、医療機器の海外展開、人材育成といった観点から、
「今、知っておくべき医工連携の最新ノウハウ」を共有します。

[日時] 4月18日(水)13:30-16:00
[場所] Medtec Japan 2018 会場内 フォーラム会場2
[概要] わが国の医工連携は「助走段階」を突破し、次々に成功事例が生まれる「ビジネス化の時代」を迎えました。医療機器産業
参入への関心は高まり、国や自治体によるサポート体制は拡充され、医工連携に取り組むノウハウも進化しています。このシンポジウム
では、医工連携の第一線で活躍するキーパーソンをお招きし、医工連携のための人材育成、臨床ニーズに基づく研究開発、ものづくり
企業が円滑に医療機器産業に参入するための方法、中小企業による治験と承認の実際、海外医療機器の展開といった観点からパネルディスカッションをおこないます。会場の皆様にも積極的にディスカッションに参加いただきたいと考えています。

[パネリスト]
  谷下一夫 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 副理事長
  柏野聡彦 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 専務理事
  前島洋平 株式会社カワニシホールディングス 代表取締役社長
  林 正晃 第一医科株式会社 代表取締役社長
  行政機関 (調整中)
   
►【イベント3】Medtecイノベーション大賞 エントリー募集開始! 締め切り:今週金曜日

 出展社・来場者問わずどなたでも技術・製品を医療機器業界に向けPRできる年1回のチャンスです。


 
今年も「Medtecイノベーション大賞」のエントリー募集が開始されました。
Medtecイノベーション大賞は、日本の医療機器産業の発展に資することを目的として、医療機器に関わる
優れた技術・製品をもつ企業を全国から募り、医工連携の有識者による厳正な審査(一次:書類審査、
二次:プレゼンテーション審査)を経て、Medtecイノベーション大賞(1社)、優秀賞(数社)、奨励賞(数社)等を選びます。受賞対象は、医療機器だけでなく健康関連で幅広く、また素材部品や製造技術などの注目製品や技術も高く評価されます。医療機器分野はチャンスと魅力にあふれているというメッセージが
伝わる製品や技術のご応募お待ちしております!
受賞者は、Medtec Japan 2018 展示会場内に設けられた「Medtecイノベーション大賞ノミネート企業PR
ブース」で、来場者に製品・技術をPRすることができます。ぜひ積極的にご応募ください。


                                           応募及び詳細はこちらをご覧ください 
 
►そのほか、医療機器・ヘルスケア産業参入のヒントとなるおすすめセミナーをご紹介!
 
【4/18 (水)】
◇臨床工学技士との交流セミナー◇
【4/19 (木)】
◇医療機器業界入門編◇
【4/20 (金)】
◇医療機器業界中級編◇

急性期から慢性期、さらには在宅医療に
おける医療機器を用いたキュアおよびケアの展開、臨床現場での臨床工学技士の活躍について解説するとともに、臨床工学技士が関与した製品開発の事例について紹介。
終了後には臨床工学技士の解説付き公益
社団法人日本臨床工学技士会ブースツアーを開催。
あなたの疑問を直接業界のエキスパートに質問してみませんか。
名刺交換及び個別に講師に質問できる時間が多くあるプログラムをご用意。

【おススメ聴講者】 昨年まで開催して
いた「Medtec超入門セミナー」や全国の自治体主催等で開催されている医療機器
業界参入のためのセミナーにすでに1~2回は参加されている方
ISO13485取得、製販取得したがその後のビジネス展開のススメ方とは?
開発プロセスで注意するべきこと、異業種からの参入事例も紹介。

【おススメ聴講者】 製販取得から2~3年以上もしくは医療機器業界参入から5年は経過している企業等
 

セミナープログラムの詳細はこちら

早期割引申込受付はこちら(申込には来場登録が必要となります)

出展企業一覧はこちら

来場事前登録はこちら

 
 

◇ Japan LIFE SCIENCE WEEK 2018のご案内◇

医療技術・介護・福祉・臨床検査などの分野を網羅した「Medtec Japan 2018」開催と同時に、「製薬」の開発・製造分野を対象とする
医療品材料・中間体の国際展示会「CPhl Japan 2018」が開催されます。会場は東京ビッグサイトの東全館で、双方の展示会を合わせ
“日本最大級のライフサイエンス総合展”「Japan LIFE SCIENCE WEEK 2018」と称しており、各来場者は相互入場が可能となります。
医療機器の技術・開発や臨床検査、介護・福祉から、創薬・製薬分野まで、ライフサイエンス・ビジネスを支える様々な専門展示会を
同時開催いたします。
詳細はこちらをクリック>>>
 
【お問合せ】
 UBMジャパン株式会社  メディカル事業部
 〒 101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル
 MAIL: helpdeskjapan@medtec-japan.com
 TEL: 03-6868-5166

 ※本メールはUBMジャパン主催展示会に過去、ご出展またはご出展検討、ご来場、
  または事務局関係者とお名刺交換させていただいた方などにお送りしております。

【配信停止について】
メールの配信停止をご希望の場合は、こちらの購読停止フォームにて手続きください。
(配信停止処理上の都合により、お手続き後も1~2週間は配信されてしまう場合があります。 予めご了承ください。)

【配信メールアドレスの変更について】
配信先ご変更ご希望の場合は、medtecjapan_eDM@medtecjapanreg.comへ変更についてお知らせください。

UBM Japan